脳優位タイプ診断

15種類の脳タイプから、あなたの未来が見えてくる 検査前の注意事項

検査スタート

脳優位タイプ診断とは?

脳優位タイプ診断は、脳神経外科医の篠浦伸禎医師が発見した ”脳のメカニズム ” にもとづく検査です。

今のあなたの脳の活用割合から15タイプに分類される個性、脳の活用度合いから情報処理能力や問題可決能力の高さ、自制心のコントロール度合いを分析しながら、あなたの強みを伸ばし、弱みをカバーする、それぞれのタイプに合った脳の鍛え方のアドバイスを提供します。

脳機能編 脳は「左と右」「2次元と3次元」の領域があり、これらを組み合わせて15タイプに分類します。 脳の活性度編 人は成長の段階で単純な脳の使い方から、より高度な使い方をしていきます。脳を活用してくことで、様々な困難な問題を解決して前進できるようになります。 脳タイプ飯版[脳機能編] 脳活版[脳機能+脳の活性度編]

ご購入はこちら

脳優位タイプ分類 提唱者

篠浦 伸禎(写真)

篠浦 伸禎(しのうら のぶさだ)

篠浦先生は、局所麻酔で患者さんの頭を開いて脳手術を行う「覚醒下手術」の第一人者。
意識のある患者さんと会話や運動のやりとりをしながら、脳機能への影響を確認する中で、脳の状態と本人の行動のクセや考え方に関連があることを発見されました。
人が脳を理解し成長させることで、前向きに生きることができる指針を作成されるとともに、数多くの著書を執筆されています。

脳と瞑想

ボケない生き方

脳腫瘍 機能温存のための治療と手術

どんどん脳を使う

相性は脳で決まる

人生の主役になる脳の使い方

日本脳活協会メルマガ登録はこちら